ダイエットで痩せる > ダイエット(薬物療法)



コレウスフォルスコリでダイエット

ダイエットに興味のある方に参考になる「コレウスフォルスコリでダイエット」という興味のある記事を、「viralarticle」で、みつけました。減量の参考になると思いますので、紹介させていただきます。


------------------------------------------------------------------


コレウスフォルスコリでダイエット  著 者: 武相荘翁

コレウスフォルスコリってご存知でしょうか。

女性でダイエットに興味のある方なら、
ご存知かもしれませんね。

コレウスフォルスコリは、
ヒマラヤ山脈に自生するシソ科の植物で、
インドでは古来より、根の部分が
ピクルスのようにして食べられています。

米国では、人気のダイエット素材として
コレウスフォルスコリが知られており、
近年日本でも注目されているようです。

今までのダイエット用サプリメントで
効果のなかった方達の間で話題になっている
注目のダイエット素材のようです。



コレウスフォルスコリを使うと、
食べてもやせることができます。

そのメカニズムは、
コレウスフォルスコリに含まれる
「フォルスコリン」という物質にあります。

「フォルスコリン」は、
β3アドレナリン受容体を介せず
直接脂肪細胞内の活性を促します。

またデンプンや脂肪、糖分の消化酵素である
リパーゼや、α−グルコシダ ーゼを抑制する事により、
腸内でのそれぞれの吸収を阻害します。

これにより、体が必要とする以上の
デンプンや脂肪、糖分が蓄積されるのを防ぎ、
ダイエット効果を持つのです。

さらにコレウスフォルスコリは、
体内代謝を活発化し、
摂取カロリーの基礎消費量を増やす働きもあります。



日本人の3人に1人が
脂肪細胞をコントロールする脳からの信号をキャッチする
「β3アドレナリン受容体」に、
遺伝子異常があることが判明しています。

この機能が低下してしまうと
脂肪の分解・燃焼の働きが極端に低下し、
太りやすい体質になってしまいます。

脂肪の分解をコントロールする働きを持つ
β3アドレナリン受容体が機能しないと、
太りやすい体質になることは、
1995年に米国の研究者が突きとめました。

そして肥満遺伝子を持つ日本人は、
なんと70%以上いるとも言われています。

そのような太りやすい体質を持った日本人にこそ、
コレウスフォルスコリは効果を示すダイエット食品です。



***********************************************
徒然なるままに、翁覚書

original article
コレウスフォルスコリでダイエット
***********************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


------------------------------------------------------------------


コレウスフォルスコリという物質を今まで知りませんでした。今後、ダイエットで痩せるのに、どれだけ効果があるか科学的に証明される可能性がありそうです。

ダイエットで痩せる中枢性摂食調節分子など

ダイエットで痩せる中枢性摂食調節分子など 著 者: 青銀杏

ダイエットで痩せる抗肥満薬として、
中枢性摂食調節分子が注目されています。

中枢性摂食調節分子(ペプチド、アミン)の
生産あるいは活性は
レプチンにより調節を受けるものが多く、
その大部分は7回膜貫通型Gタンパク質共役型受容体を介するため、
中枢性抗肥満薬の創薬ターゲットとして注目されています。


例えば、
摂食亢進作用有するneuropeptide Y(NPY)、
melanin concentrating hormone(MCH)、
オレキシン、グレリン、内在性カナビノイド等については拮抗薬が、

α-melanocyte stimulating hormone(α-MSH)、
cocaine amphetamine regulated transcript (CART)等の
摂食抑制作用を有するものについては作用薬が
抗肥満薬としてダイエットで痩せる臨床応用の可能性があります。




一方、
ciliary neurotrophic factor(CNTF)や
brain-derived neurotophic factor(BDNF)等の神経成長因子は、
それぞれの膜1回貫通型受容体を介して、
高脂肪食により、発症するレプチン抵抗性肥満に対しても
体重抑制作用有することが証明されており、
ダイエットで痩せることのできる可能性が高いと思われます。

このうち、
カナビノイド受容体拮抗薬〔CB1受容体拮抗薬:リモナバンド(SR-141716)〕や
CNTFアゴニスト(アクソカイン)については、
欧米においてすでに臨床試験が進められており、
良好な治療効果が得られています。




ダイエットで痩せるための末梢性抗肥満薬としては、
オルリスタットのような消化吸収阻害薬以外にも
熱産生亢進薬として多くの抗肥満創薬可能性があります。

この中には
以前より注目されている脂肪細胞に作用する
β3-アドレナリン受容体作用薬のようなもののみならず、

骨格筋において
脂肪酸β酸化を促進するとされている
peroxisome proliferator-activated receptor δ作用薬のような
新しいものも含まれており、今後の展開が期待されています。



**********************************************
痩せるダイエット法


original article
ダイエットで痩せる中枢性摂食調節分子
**********************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

ダイエットで痩せる抗肥満薬(レプチン)

ダイエットで痩せる抗肥満薬(レプチン) 著 者: 青銀杏

ダイエットで痩せる抗肥満薬にレプチンがあります。

レプチンは脂肪組織より分泌されて直接視床下部に作用し、
多数の摂食調節因子を制御することにより
強力な摂取抑制とエネルギー代謝亢進をもたらし、
肥満や体重増加の制御に関与します。



遺伝的にレプチンを欠損するob/obマウスや
レプチン欠損肥満症例において、
レプチンは体脂肪を選択的に減少させ、
著しい体重減少をもたらすため、
発見当初より新しい抗肥満薬として期待されました。

しかしながら通常の肥満者では、
体重増加に比例して血中レプチン濃度は増加するため、
多くの場合は「レプチン抵抗性」であると考えられています。

レプチン抵抗性の分子機構としては、
レプチンの脳内移行性や
レプチン受容体・受容体受容体以降の
視床下部神経経路の異常が推定されていますが、詳細は不明です。



非肥満者および単純性肥満者を対象にした
レプチン臨床試験の中間報告では、
血中レプチン濃度を
正常の20〜30倍にまで上昇させることにより、
一部の肥満者においてもレプチンの大量投与の有効性が証明され、
ダイエットで痩せるのにレプチンが効果があると報告されています。



一方、肥満症患者の約5〜10%では
血中レプチン濃度が低下しており、
レプチン補償療法の有効性が期待できます。

このような方々には、
ダイエットで痩せるのに
レプチンが効果がある可能性が高いとされています。

最近では食事療法により
減少するレプチンを補償することにより、
減量中にもたらされる酸素消費量の減少が抑制できることが報告され、
食事療法にレプチン補償を併用すると
効率よく減量できる可能性が示唆されています。



**********************************************
痩せるダイエット法

original article
ダイエットで痩せる抗肥満薬(レプチン)
**********************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

ダイエットで痩せる抗肥満薬(シブトラミン)2

ダイエットで痩せる抗肥満薬(シブトラミン)2 著 者: 青銀杏

ダイエットで痩せる抗肥満薬である
シブトラミン(メリディア)よるダイエット効果は、
試験開始から2年後までの体重減少は、
偽薬群と比較して投与群では有意な減少が認められました。

個々の患者が体重減少期に達成した
体重減少量の80%以上を維持できた
体重減少維持に成功し
ダイエットで痩せることのできた症例の割合は、
シブトラミン群では有意に多くみられました。

また、試験開始時から2年後までのウエスト周囲径は、
シブトラミン群では有意に減少しており、
腹部CT法により測定した内臓脂肪面積に明らかな減少が認められています。

さらに、シブトラミンによる体重減少効果に伴い、
血清脂質、血糖コントロール、尿酸等の改善効果が認められています。

シブトラミン群では明らかにダイエットで痩せる事に成功しています。



STORM試験においても、
6ヵ月間の体重減少期の間に、
ダイエットで痩せることができた以外に、
トリグリセライド、VLDL−コレステロール、
インスリン、C-ペプチド、尿酸等の減少が認められています。

シブトラミン群では
試験開始2年後までこれらの効果を維持できましたが、
偽薬群では維持できませんでした。

HDL-コレステロールは2年後に著しく増加しており、
その増加率はシブトラミン群のほうが有意に大きかったのです。

最近、シブトラミンは
肥満に伴う非アルコール性脂肪性炎や
多嚢胞卵巣症候群の病態も改善することが報告されています。



シブトラミンの投与により、
口渇、便秘、不眠等、交感神経活動の亢進に伴う
血圧あるいは心拍数の上昇がみられることがあります。

シブトラミンにより
体重減少が認められた症例では、
血圧上昇は少ないといいます。



**********************************************
痩せるダイエット法
http://ameblo.jp/diet11/

original article
http://ameblo.jp/diet11/entry-10023817731.html
**********************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


ダイエットで痩せる抗肥満薬(シブトラミン)1

ダイエットで痩せる抗肥満薬(シブトラミン)1 著 者: 青銀杏

ダイエットで痩せる抗肥満薬として、
シブトラミン(メリディア)は、
1997年米国等で発売されたのを初めとし、
現在70ヵ国以上で販売されています。

米国や欧州ではBMI 30s/u以上の肥満者で
あるいはBMI 27s/u以上で
リスクファクター(脂質代謝異常、2型糖尿病等)を有する
過体重者おける食事療法・運動療法の補助薬として使用されており、
ダイエットで痩せる効果が認められています。

ダイエットのために、
米国では2年、欧州では1年までの長期投与が認められています。

日本では、まだ発売が許可されていません。



シブトラミンは、
脳内のセロトニンとノルアドレナリンの再吸収阻害薬であり、
シナプス間隙のセロトニンおよびノルアドレナリンの濃度を上昇させます。

これにより、
α1−およびβ1−アドレナリン受容体
ならびに5-HT 2A/2C受容体を介して、
食後の満腹感を亢進して摂取量の抑制をもたらし、
痩せることができます。

シブトラミンには
モノアミン放出促進作用や
モノアミン還元酵素阻害作用がありません。

さらに、
β3−アドレナリン受容体の間接的な活性化により
熱産生を促進することが知られており、
ダイエットによる
体重減少に伴う安静時エネルギー消費量の低下を
熱産生作用によって相殺されています。



海外臨床試験では、
偽薬と比較してシブトラミンの
用量依存的に有意な体重減少効果が確認されています。

2年間にわたる
体重減少効果および体重維持効果を検討した
Sibutramine Trial of Obesity Reduction and maintenance(STORM)試験は、
欧州の8施設において605例(男性107例、女性498例)を対象に実施され、
対象患者のBMIは30〜45s/u、平均年齢は約40歳でした。



**********************************************
痩せるダイエット法
http://ameblo.jp/diet11/

original article
http://ameblo.jp/diet11/entry-10023760718.html
**********************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


ダイエットで痩せる抗肥満薬(オリルスタット)2

ダイエットで痩せる抗肥満薬(オリルスタット)2 著 者: 青銀杏

ダイエットで痩せる抗肥満薬として、
放線菌が産生する lipstatin の
水素添加誘導体である
オリルスタット(ゼニカル)を
使った糖尿病発症抑制試験が行われました。



この試験では、
正常あるいは耐糖能異常を呈する
肥満症患者3304例(BMI 30s/u以上)を対象とし、
食事療法と運動療法を併用した4年間の
糖尿病発症抑制試験が実施されました。

オリルスタット群では
2型糖尿病発症リスクは有意な減少が認められました。

耐糖能異常を有する
肥満症患者の糖尿病発症率についても、
オルリスタット群では有意な発症リスクの軽減が認められています。

このうち、
National Cholesterol Educaition Program(NCEP)の
Adult Treatment Panel V(ATPV)の
診断基準に基づくメタボリックシンドローム患者においても、
2型糖尿病の発症リスクを有意に抑制しました。

オリルスタットは、
ダイエットで痩せるだけでなく、糖尿病発症抑制効果も高いといえます。



また薬物治療中の肥満を伴う
2型糖尿病患者(BMI 28s/u以上)を対象として、
スルフォニル尿素薬、メトフォルミン
またはインスリン製剤併用における
オルリスタットの体重減少効果と糖代謝に対する効果が、
1年間のプラセボ群との二重盲検比較試験により検討されていますが、

いずれの場合においても、プラセボ群と比較して
有意な体重減少、HbA1c、空腹時血糖、LDL−コレステロール値の低下を認め、
薬物治療中の肥満を伴う2型糖尿病患者における有用性が確認されています。

このように、
オリルスタットは、ダイエットで痩せるだけでなく、
すでに糖尿病を発症している方にも効果が確かめられています。



ダイエットで痩せるために
オルリスタットを使用することにより、
軽度の胃腸障害(脂肪便、便を伴う放屁など)を認めることがありますが、
その発現は治療導入後3ヵ月以内に生じ、
大部分は4週以内に消失します。

ただ、オルリスタットにより
脂溶性ビタミンの吸収も一部阻害されるため、
必要に応じたビタミン補給が大切であるとされます。



オルリスタットは、
ダイエットで痩せるための薬としては、
現在、世界149ヵ国で使用されている
長期的な有効性および安全性が確認されている唯一の末梢性薬剤です。

日本でも、早く発売が許可される事を希望します。



**********************************************
痩せるダイエット法
http://ameblo.jp/diet11/

original article
http://ameblo.jp/diet11/entry-10023966430.html
**********************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


ダイエットで痩せる抗肥満薬(オリルスタット)1

ダイエットで痩せる抗肥満薬(オリルスタット)1 著 者: 青銀杏

ダイエットで痩せる抗肥満薬として、
オリルスタット(ゼニカル)は、
放線菌 Streptomyces toxytriciniが産生する
lipstatin の水素添加誘導体です。

現在、世界149ヵ国で使用されている
長期的な有効性および安全性が確認されている
唯一の末梢性薬剤です。

日本では、まだ発売が許可されていません。



食事として摂取された脂質(トリグリセライド)は、
リパーゼにより吸収可能な
遊離脂肪酸とモノグリセライドに分解されますが、
オルリスタットは、
リパーゼのセリン残基と共有結合することにより
その活性を特異的に阻害し、
脂質吸収を阻害することにより
摂取エネルギーの減少をもたらします。

この効果によって、
ダイエットで痩せる事が可能になっています。

オルリスタットは
コレステロールの吸収も一部抑制しますが、
糖質とタンパク質吸収には影響を与えない選択的な脂肪吸収阻害剤です。



海外臨床試験では、
肥満症患者(BMI 28〜47s/u)を対象として、
オリルスタットの体重減少効果と
低エネルギー食による減量後に維持食に変更した際の
体重再増加に対する抑制効果が、
プラセボ群との二重盲検比較試験により検討されています。

688例の肥満症患者における
投与1年後の体重減少は、
オルリスタット群において有意な減少が認められています。

投与約2年目に維持食に変更後も
オルリスタットの投与を継続した症例では、
体重再増加を有意に抑制しています。

また、総コレステロール、LDL-コレステロール、
LDL/HDL比、空腹時血糖値および空腹時インスリン値についても、
投与2年目終了時にオルリスタット群では
有意な改善が認められています。

オリルスタットは、ダイエットで痩せる効果の高い薬といえます。



**********************************************
痩せるダイエット法
http://ameblo.jp/diet11/

original article
http://ameblo.jp/diet11/entry-10023888875.html
**********************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

ダイエットで痩せる抗肥満薬(サノレックス)

ダイエットで痩せる抗肥満薬(サノレックス) 著 者: 青銀杏

ダイエットで痩せるために、
現在日本で使用可能な抗肥満薬は、
マジンドール(サノレックス)だけです。

サノレックスは、
日本において食欲抑制薬として
使用可能な唯一の薬剤です。

1973年に米国で発売されて以来、
ヨーロッパをはじめ世界十数カ国においてその有用性が確認されています。



従来、ダイエットで痩せるために、
欧米において食欲抑制剤として使用されていた
フェネチラミン骨格を有するアンフェタミン類には
依存性や耐性が認められますが、
マジンドール(サノレックス)は
フェミチラミン系薬剤比較して
依存性や耐性は少ないとされています。

アンフェタミン類とは異なり、
マジンドール(サノレックス)には
ノルアドレナリンの合成阻害・有利促進作用はなく、
遊離されたノルアドレナリンの再吸収を阻害することにより、
ノルアドレナリンが効果的にニューロンの受容体に作用し、
食欲を抑制します。

マジンドール(サノレックス)は
摂食中枢であるLHA(視床下部側野)には抑制作用を有し、
満腹中枢であるVMH(副内側核)には促進作用を有するとされています。



日本におけるマジンドール(サノレックス)の保険適用は、
食事療法及び、運動療法の効果が不十分な
高度肥満症
(肥満度70%以上、
もしくは体重(kg)÷身長(m)2で計算されるBMIが35以上)の方が
対象とされています。

対象症に入らない方で、
ダイエットで痩せるために、
マジンドール(サノレックス)を使いたい方は、
自費診療となってしまいます。



一般的には、
通常成人には1錠0.5rの錠剤を1日1回昼食前に投与するか、
最高1.5r×3錠までを2〜3回に分けて投与します。

食前に投与することにより
少ない食事量で満腹感が得られ、
摂取カロリー制限が可能になり
ダイエットで痩せることができると考えられています。

連続使用期限は3ヵ月に規定されており、
3ヵ月を限度として2週間から1ヵ月の休薬期間を置き、
何回か繰り返して使用します。



日本では1982〜1983年にかけて
マジンドール(サノレックス)の
多施設二重盲検比較試験が施行されています。

肥満度20%以上の男女(228例)を対象として、
マジンドール(サノレックス)を
12週間投与したところ

マジンドール(サノレックス)群では、−4.2s(−8.1%)、
プラセボ群(対照群)では、−1.2s(−2.5%)であり、
マジンドール(サノレックス)の食欲抑制効果が確認されています。



ダイエットで痩せることを目的にした
マジンドール(サノレックス)の投与により、
中枢性コリン作用によると考えられる
口渇や便秘が認められることがありますが、
発現の程度や頻度には個人差があります。



**********************************************
痩せるダイエット法
http://ameblo.jp/diet11/

original article
http://ameblo.jp/diet11/entry-10023703957.html
**********************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

ダイエットで痩せる薬物療法の問題点

ダイエットで痩せる薬物療法の問題点 著 者: 青銀杏

ダイエットで痩せることを目的とした抗肥満薬が
いろいろ開発されており、一部は日本でも使うことができますが、
ダイエットで痩せるには食事療法と運動療法が原則で、
薬物療法はその補助的な治療法に位置します。

近年の肥満研究の進歩により、
有効で長期に使用可能な薬剤の開発がされています。

また、肥満治療の目標も
体重減少の絶対量よりも合併症のコントロールを
重視するようになってきています。

欧米ではすでに、
肥満に伴う生活習慣病の改善と
長期投与が可能であることを抗肥満薬の認可基準として、
いくつかの薬剤が臨床応用されています。

わが国においても、
現在、肥満症治療ガイドラインが作成中であるとのことで、
薬物療法の適応基準が確立されつつあります。

今後、薬物療法は肥満治療において
重要な役割を果たしていくものと考えられます。



ダイエットで痩せることの原則は、
消費エネルギーを摂取エネルギーより上回るようにして、
過剰に蓄積された脂肪組織を減少させることです。

肥満症の治療法として
食事療法、運動療法が基本ですが、
実際にこれらの生活指導のみで目標体重まで減量し、
そしてその体重を維持することは
困難であることが多いのも事実です。

食事療法や運動療法を
負担なく長期にわたって実施することを目的として、
行動修正療法と呼ばれる治療手法も取り入れられていますが、
その治療効果は十分なものとはいえないのが現状です。



そこで、
WHOやNIHから報告された肥満診療のガイドラインにおいて
食事療法、運動療法が肥満治療の
原則であることには変わりありませんが、
薬物療法がそれらの補助療法として明示されるようになりました。

日本でも近い将来、
ダイエットで痩せるために、
いろいろな薬物が安全に使えるようになると思います。



**********************************************
痩せるダイエット法
http://ameblo.jp/diet11/

original article
http://ameblo.jp/diet11/entry-10024207755.html
**********************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

ダイエットで痩せる抗肥満薬

ダイエットで痩せる抗肥満薬の条件 著 者: 青銀杏

ダイエットで痩せる抗肥満薬として、
どのような薬剤が適切なものであるかということが問題となります。



ダイエットで痩せることに対して認識しなければならないことは、
肥満症が糖尿病や高血圧と同じように慢性的な疾患であり、
「治癒」ということは稀で、
そのほとんどは「緩解」を目標にするべき疾患であるということです。

また、ダイエットで痩せる目的は、
以前はあくまでも標準体重を目標として減量していくことであったのに対し、
肥満に起因する健康障害やその病態を改善するのに必要な分だけの減量を行い、
そしてその目標体重を維持していくことに変化してきています。

抗肥満薬には、
以上の肥満症としての疾患特性に合致した
薬理効果を有している必要があり、
次のような条件が考えられます。



1.体脂肪を減少させるが体蛋白は喪失させない。
2.リバウンドを防止できる。゙
3.肥満者でより大きな効果が得られる。
4.肥満症での合併症を軽減させる。
5.食事療法、運動療法を継続できる。
6.作用機序が解明されている。
7.副作用が一過性で耐えられる。
8.刺激性がなく、依存性がない。



米国の食品医薬品管理局(FDA)では
抗肥満薬の認可基準として、

@1年以上にわたり-5〜-10%の減量を達成、
A肥満に伴う高血圧、高脂血症、糖尿病などの病態改善に伴う
 虚血性心疾患のリスクの軽減、
B患者のQOL(quality of life)の改善、

の3項目を挙げており、
すでにいくつかの薬剤が臨床応用されています。



**********************************************
痩せるダイエット法
http://ameblo.jp/diet11/

original article
http://ameblo.jp/diet11/entry-10024248534.html
**********************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。