ダイエットで痩せる > ダイエット(行動療法)



行動療法としてのグラフ化体重日記

 ダイエット痩せるために、行動療法としてグラフ化体重日記の意義はなにでしょうか。起床直後、朝食直後、夕食直後、就寝直前の1日4回の体重測定による波形の形や規則性から食行動やライフスタイルの問題点を抽出します。修正行動を開始し、それがどのように波形に現れるかを確認します。抽出した問題点および修正した行動が適切なもの(適正行動)であれば、体重が減少するか、体重増加が抑制されるかの効果が認められます。減量は報酬として肥満症の方の動機水準を向上させます。動機水準の向上によって、肥満症の方は修正行動の数や強度を増加させ、適性行動の長期持続が可能になります。

 大事なことは1週間の体重の変化ではなく、毎日の体重の増減が食行動に対応してどう変化しているか、これを知ることです。肥満症の方が予想した以上に1日の体重変化が大きいこと、夕食の内容や時間によって、翌日、起床時の基本体重が影響されていること、などを注目します。

 正常な体重の日内変動は、「食べれば増え、食べなければ減る」という簡単な原則です。この原則からはずれた体重波形、これを異常と判断し、ダイエットに取り込んでいくわけです。また起床時の体重が前日の起床時と比べて、増加したか減少したかは最も注目すべきポイントです。増加していれば前日の食生活あるいはライフスタイルが体重減少にとってふさわしくないことを意味しています。この際、前日の摂食量が多いかどうかだけを問題にするのは誤りです。食事の内容だけでなく、食事時間や運動量など多くの因子が体重の増減に関与しているからです。問題点抽出を肥満症の方自身によって行われることが重要なのです。多くの場合は、食事時間や間食などの是正だけで、ある程度の体重は減少します。

 肥満症の方がダイエットで痩せるためには、肥満症の方自身が食行動やライフスタイルにどのような悪循環が存在するかに気づかねばなりません。そして、肥満症の方が自分自身でその修復を図るというアプローチが必要です。すなわち「自己管理」が大事なのです。ここで初めて、食事療法を含む肥満症のダイエットが本来の威力を発揮してきます。

肥満症の方の行動特性

 ダイエット痩せるために、肥満を良くするために、行動変容が自分の気づきによって行われるか、エステシャン等の指摘によってなされるのかかが重要です。

 エステシャンや栄養士による「過食」の指摘は、一過性に肥満症の方の反省を促しますが、「過食の是正」が肥満症の方の努力と我慢によってなされる限り、その行動の実行と長期的維持には限界があります。肥満症の方自身が問題に気づき、自主的に減量に適した行軌を選択遂行した場合に、その長期維持が可能になります。したがってダイエット痩せることができるかの成否のカギを握るキーワードは、肥満症の方の「動機づけ」と「自己管理」です。そのキーワードを中心に行われる治療図式の変換こそが行動療法であるといってもよいです。

 肥満症の方の修正すべき問題点を過食や間食、運動不足と単純に決めつけるのは早計です。問題点の抽出にあたっては、肥満症の方一般ではなく、それぞれの肥満症の方に固有の食行動、ライフスタイルの特性を把握しなければならないのです。肥満症の方の食行動、ライフスタイルを分析すると肥満症の方特有の食行動の「ずれ」と「くせ」が存在することがわかります。

 ずれとは「水を飲んでも太る」という認識のずれ、「お腹いっぱいでも、好きなものなら別のところに入る」という満腹感覚のずれ、たくさん食べているにもかかわらず、「自分の食べ量はそれほどでもない」と答える摂食量に対するずれです。肥満症の方がもっているこの「ずれ」は、食事内容だけでなく、日常生活、あるいは思考様式にまで広がっています。「くせ」とは「目の前に食べ物があれば、つい手が出てしまう」、「いらいらするとつい食べてしまう」といった食行動の悪いくせです。いずれも肥満症の方が意識していないところが問題で、そのため日常生活と密着して繰り返され、肥満を悪化させる主因になります。また食事療法や運動療法の遂行や効果にも悪影響を与え、ダイエットで痩せるための大きな阻害要因ともなります。したがってダイエットにおいては、これらの「ずれ」や「くせ」を聴取や食行動質問表、グラフ化体重日記を用いて明らかにし、顕在化した「ずれ」と「くせ」を肥満症の方自身に気づかせることが、行動修復の手段になります。

ダイエット行動療法の第一歩

 ダイエット痩せるために、食事療法と運動療法は肥満症の主要な手段です。しかし、その導入と実行には困難が伴います。ましてやその長期的実践は難しいと言わざるを得ません。太っている方はそれらの必要性を理解しているにもかかわらず、行動に移せないのです。

 ダイエット痩せるためには、「肥満症の方は運動療法や食事療法がそもそも苦手な人たちである」ということを自分自身が認識する必要があります。肥満症によって起きる疾患の予後を理解したり、栄養学的な勉強をすること、つまり、知識量を増加させることだけでは、これらの苦手な課題を克服することは難しいです。肥満症の方にとって「今何が問題なのか」を具体的に抽出し、自分自身が可能なことから修復していくという行動療法的アプローチが必要になります。

 ダイエットで痩せるために、肥満症の行動療法を行うためには、肥満者自身の「動機づけ」と「自己管理」が重要です。肥満者自身には食行動や日常生活の「ずれ」と「くせ」が存在すします。グラフ化体重日記は「問題行動の抽出」「問題行動の修正」「報酬」「適正行動の強化と維持」「自己管理」といった点で行動療法に有用です。

 ダイエットで痩せるために、講演会に行き、講師の先生の話を一生懸命聞いてきたとします。家に帰って、「今日の話はなかなかためになる話だった。もう少し気をつけなくちゃあ」と反省しますが、その一方でテレビを見ながら、お菓子をパクパクと口に運んでしまうのが肥満症の方の特徴的行動です。本人は「食べ過ぎると太るし、それが悪い」とわかっているのです。しかし「わかっているけど、結局は止めることができない」。

 肥満症の方には固有のライフスタイルがあります。肥満症の方には食行動の「ずれ」と「くせ」があります。肥満症の方は知識の増加で満足しがちです。肥満症の方の知識の増加は必ずしも、ダイエットで痩せる行動変化にはつながりません。これらの前提にたって、この行動様式をむしろ肥満症の一病態ととらえ、なぜそうなるのか、どうしたらこの行動パターンを修復できるのか、これらの点を考え直してみることが、行動療法の第一歩となります。

ダイエットで痩せるための行動療法

 ダイエット痩せるために、肥満は、古くから行動療法の対象となり、その有用性がいち早く確立されたテーマです。行動療法は1950年代に行動科学の臨床応用として始まった心理療法です。肥満では、過食の行動抑制として1960年代に治療法が開発され、Stuart RBが行動療法として8人の女性で平均17kgの減量を達成したことを契機に注目されるようになりました。

 今でこそ、肥満は「生物的、行動的、文化社会的複合要因による慢性エネルギー代謝異常」とされていますが、当時は単純に「過食」の結果とされていました。過食になる理由として、肥満者には「生理的な空腹以外の食べ物の好みや臭いや時刻など外的な刺激に反応しやすい」という外的要因説と、「一口の量が多く、咀嚼回数が少ないために早食いとなる」という特有の食行動様式の2つが想定されました。

 その後の研究で否定的な結論に至ったものの、この2つの仮説に基づいた刺激統制法、セルフモニタリング、オペラント強化法、反応妨害法などが、現在用いられる肥満の行動技法の原型となりダイエットで痩せるために使われています。

 米国国立衛生研究所(NIH)は、1998年の肥満の治療ガイドラインで36の無作為比較試験を総括し、ダイエットで痩せるために@行動療法は食事療法や運動療法の習慣化に有効で、A併用すると治療効果と終了後1年までの維持が促進される、Bしかしその効果は放置すると3〜5年は続かない、と結論しました。

 行動療法が、ダイエットで痩せるために意味があるかどうか、食事療法や薬物療法との比較研究、効果の長期維持やその改善の検討、治療効果の予測因子の検討などが精力的に行われ、その経過で自発的な減食や急激な減量の悪影響や、減量体重のリバウンドの実体なども明らかとなりました。

 ダイエットで痩せるために行動療法を行うと、現在の欧米での平均的治療成績は4か月で約9s、運動療法や家族療法との併用によって11s程度までの減量が可能とされています。
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。