ダイエットで痩せる > ダイエット(食事療法)



ダイエットの半飢餓療法

 ダイエットで減量しようとしている方には、是非読んでいただきたいでしたら「ダイエットの半飢餓療法」という記事を、「viralarticle
」に、投稿してあります。参考になる方も多いと思いますので、紹介させていただきます。

---------------------------------------------------------------


ダイエットの半飢餓療法
著者: 青銀杏


ダイエットによる、肥満症に対する食事療法には、

絶食療法、
超低エネルギー食療法(半飢餓療法、very low calory diets;VLCD)、
低エネルギー食療法(LCD)があります。

VLCDでは、
1日の摂取エネルギー600kcal前後の
食事療法を1週間以上継続します。

VLCDは短期間での減量効果は大きいのですが、
重篤な合併症を引き起こすこともあるため、
行うには専門医による十分な検討が必要です。



ダイエットで痩せるための VLCD が適応となるのは、
小児、妊婦を除く17〜70歳の成人、
BMI(body mass index) 30 kg/m2以上で
一般の低エネルギー食での治療に抵抗性の難治性高度肥満患者、
肥満による障害のため早期に体重減少を必要とする方です。



禁忌は、比較的新しい心筋梗塞の既往のある者や、
不安定狭心症、重篤な不整脈、脳血管障害、肝腎障害、
消耗性疾患、精神疾患、1型糖尿病の患者、妊婦などです。

VLCDによる副作用として、
突然死、QT延長、心室性不整脈、胆石、高尿酸血症、痛風、
膵炎、下痢、便秘、悪心、起立性低血圧などがあります。



VLCDでは、
1日摂取エネルギー420kcalに
蛋白質70g、糖質30g、脂肪2g、
ビタミン、補酵素、微量元素を含み、
体蛋白の過剰な喪失を防ぐよう調整された規格食品を用い、
実施には入院治療を原則とします。

VLCD開始前に低エネルギー食を1〜4週間実施し、
徐々に減量していきます。

VLCD期には規格食品を1日3回に分け水に溶いて服用し、
そのほかに水分1日2〜3l以上を摂取します。

副作用の観点からVLCDの継続は
4週間、長くても8週間とします。

VLCD終了後は2〜3週間かけて
低エネルギー食(800〜1,000kcal)から
徐々に減量療法へと移行していきます。

この際、
急激に摂取エネルギーを増大させると不整脈を合併しやすく、
VLCDによる死亡が終了後2週間以内に多いことから、
回復期にも注意が必要です。

治療中は血液、尿、心電図検査を最低でも隔週行い、
適切な経過観察が必要です。



一般にVLCDによって
2型糖尿病や高血圧は改善するため、
内服薬などは減量または中止とします。

利尿薬は特に低血圧と
電解質異常の危険があるため、
VLCD前に中止すべきです。



ダイエットに対して、
VLCDは、
1週間に女性1.5〜2.Okg、男性2.0〜2.5kg、
12週で平均20kgの減量効果があるなど、
短期的な治療効果は大きいです。

しかし、長期的には体重減少維持が難しく、
3年以上の観察ではVLCD単独による減量成功率は14%と、
800〜1,800kcalでの食事療法による成功率18%と
比較し優れているとはいえません。



日本におけるVLCDによるダイエットでの治療報告でも
リバウンドが多く認められています。

VLCDに行動修正療法や外来受診を併用すると
VLCDの成功率が上昇するとの報告や、
VLCD中の運動療法の併用も勧められており、

長期に減量を維持するためには、
患者の性格などを加味して
VLCD、LCDの適応を選択し、
運動療法、行動修正療法などの併用も重要となります。



******************************************
痩せるダイエット法

original article
ダイエットの半飢餓療法
******************************************

---------------------------------------------------------------


半飢餓療法によるダイエットは、専門医による十分な検討が必要だったり、リバウンドが多かったりして、あまり実際的でないかもしれませんね。

ダイエットで痩せる秘訣

ダイエットで減量しようとしている方には見逃せない「ダイエットで痩せる秘訣」という記事を、「viralarticle」で、みつけました。減量の参考になると思いますので、紹介させていただきます。


------------------------------------------------------------------


ダイエットで痩せる秘訣
著 者: 青銀杏


ダイエットで痩せるのに、
標準体重まで減量する必要はありません。

今ある肥満体重を3ヶ月間の
食事・運動療法で、5〜10%減少させるだけで、
肥満に合併した糖尿病や高血圧はほとんど改善し、
健康な肥満にできます、

その後、カロリーを増やして体重の維持を図ります、
3ヶ月間が減量食を継続できる限界であり、

月平均2〜3sの減量で
3ヶ月間で5〜10%の減量が達成できます、
「とにかく3ヶ月間だけ頑張る」と期間を区切るだけで、
脱落者はぐつと少なくなります。



ダイエットで痩せるための肥満症患者の減量食は
女性なら日本人女性の基礎代謝量に相当する
1,200kcalまで下げないと痩せにくいです。

同様に男性なら1,500kcalに下げます。

減量期間中は、
砂糖菓子
(饅頭、ケーキ、チョコレート、アイスクリーム、
ぜんざい、羊菜、缶コーヒ一等)は止め、
おやつは握りこぶし大の果物を2個に制限します。

調理の甘味も
カロリーゼロのアスパルテーム等に徹底します。

油類も極力減らします。

毎食前には
キャベツなどの生野菜をどんぶり茶碗に山盛り、
10分間かけて噛み、脳で満腹感を感じます。

大量の生野菜の摂取は、
便通改善と減量後の肌のしわ予防にも効果的です。

おかずは、
一日当たり蛋白質70g
(牛乳200ml一本+卵1個+魚80g+肉80g+豆腐半丁)と
青野菜大量、

主食は3分の2杯分のごはん(120g)を1日3回、食べます。



ダイエットで痩せるための運動は、
毎食後15分より毎回20〜30分散歩します。

足踏みでもやらないよりはましです。



倹約遺伝子を持つ肥満者では
この食事指導では痩せにくいです。

β3アドレナリン受容体遺伝子多型を持つ肥満者では
1日当たり基礎代謝量が200kcal減弱しているので、
1,000kcalの減量食の指示が必要なのです。

同様に、
UCP1遺伝子多型を持てば全身代謝が100kcal/日低下しており、
これにβ3アドレナリン受容体遺伝子多型を併せ持てば
300kcalエネルギー消費量が低下するため、
900kcalの減量食を行う必要があります。



ところが、日本人の16%に存在する
β2アドレナリン受容体遺伝子多型(Arg16Gly)を持つと、
全身代謝量は純粋型に比べ100〜300kcal亢進しています、
そのため、β3アドレナリン受容体遺伝子多型を持っていても、
このβ2アドレナリン受容体遺伝子多型を併せ持つと
お互いの効果が相殺され、
これら遺伝子多型をまったく持たない場合と同様に痩せられます。



このように、最新の遺伝子診断を用いれば、
個人の体質に合わせた、
守ればダイエットで必ず痩せられる食事療法が可能な時代に入っています。



**********************************************
痩せるダイエット法

original article
ダイエットで痩せる秘訣
**********************************************

ダイエット食事療法の注意点

 ダイエット食事療法の注意点として、多くの肥満者では肥満に結びつきやすい食べ物である脂肪の多い肉類や甘いお菓子を好む反面、肥満になりにくい食べ物である繊維の多い野菜などを嫌う傾向がある事を忘れてはいけません。エネルギー量についてもしばしば誤解があり、野菜サラダにドレッシングをたっぷりかけることなどは、その例です。また、果物は低カロリーだと思い大量に食べたり、甘い清涼飲料水についても水代わりに飲んだりして、摂取エネルギーとして計算していない人がいます。これではダイエットとは呼べませんし、痩せることもできません。

 ダイエット痩せる事を目標としている方で、牛乳は骨粗鬆症によいとたくさん飲んでいる女性もいるが、乳製品もエネルギーがあり多く飲めばコレステロールが上昇し、動脈硬化に結びつく可能性があり、注意を要します。肥満を考えるうえで最も重要なのは、その食品がどのくらいのエネルギーをもっているかということで、これを食べればやせられるなどといった食品はありません。

 内臓脂肪型肥満者の生活習慣については厚生労働省で大規模な疫学調査が行われました。その結果、内臓脂肪型肥満者は食事を満足するまで食べる、間食をよくする、甘い清涼飲料水・スナック類・アイスクリームを好む、緑黄色野菜が嫌、女性では料理に砂糖をよく使う、自動車を使う、喫煙する人が多いなどの特徴が明らかになっています。

 内臓脂肪型肥満の治療と予防にはこれらの生活習慣を是正し、ダイエット食事療法で痩せることが必要です。肥満症治療で最も重要なことは、これまで食べてきた食事量より減らし、減量することによって合併症を改善し予防することです。肥満症を放置しておくと種々の合併症が起こることを十分納得させ、動機付けを行うことが大切です。

ダイエットに効果的な食事療法

 ダイエットに効果的な肥満症の食事療法は、@脂肪細胞機能異常による肥満症と、A脂肪組織の増加による肥満症の2つに分けて考えます。肥満症の食事療法は1,800〜1,000kcal/日の肥満症治療食と、600kcal以下の超低カロリー食に分類さます。肥満症の食事治療は標準体重にする必要はなく、肥満に伴う合併症を改善することにあります。

 食事療法は肥満症治療に必須で、最も重要な治療法です。肥満症の食事療法は1,800〜1,000kcal/日の肥満症治療食と、600kcal以下の超低カロリー食(very low calorie diet:VLCD)に分類されます。肥満症の食事療法は、@脂肪細胞機能異常による肥満症(糖尿病、高脂血症、高血圧、高尿酸血症、脂肪肝、冠動脈疾患、脳梗塞)と、A脂肪組織の増加による物理的障害による肥満症(整形外科的疾患、睡眠時無呼吸症候群、月経異常)の2つに分けて考える必要です。

 @脂肪細胞機能異常による肥満症のBMI25以上で内臓脂肪面積100以上または健康障害を有する脂肪細胞機能異常による肥満症では、数kgの体重減少でも代謝異常が改善するので、1,800kcal程度の緩やかな肥満症治療食から始めます。具体的には(25kcal/kg×標準体重)を、目安にします。

 A脂肪組織の増加による物理的障害による肥満症のBMI30以上で脂肪組織の増加による肥満症では、病態の改善のため体重を大幅に落として痩せることが必要ですので、より厳しい肥満症治療食、1,400kcal程度の緩やかな肥満症治療食が必要です。具体的には(20kcal/kg×標準体重)を、目安にします。

ダイエット食事療法の総エネルギーの設定

 ダイエットで痩せて、減量するための食事療法の基本は、消費エネルギーよりも摂取総エネルギーを減らすことにあります。そして脂肪動員を促進し、蓄積脂肪の減量を図ることです。通常、基本代謝は1kg当たり1日24kcalとし、それに標準体重を掛け、次いで運動エネルギーを300kcal(軽度)または500kcal(中等度)加え維持エネルギーを求めます。たとえば標準体重60kgの場合、60×24+300=1,740kcalが維持エネルギーとなります。これよりも少なくなれば低エネルギー食となります。無論、年齢によって基礎代謝は低下してくるので、その分は差し引く必要があります。

 ダイエットで低エネルギー食を行っても健康を損なわない理由は、蓄積脂肪のもつ潜在エネルギーを計算してみると理解でききます。ちなみに、15sの脂肪は何日生きられるエネルギーに相当するかを計算してみると1gの脂肪組織は7kcal(脂肪は1g=9kcalですが、組織の場合に水分も多少あるので7kcalとして計算)なので、たとえば300gの脂肪は2,100kcalのエネルギーを蓄えており、この2,100kcalは大人1日の消費エネルギーを十分補うことができます。したがって、15sの過剰体重は15,000g/300g=50日分のエネルギーをもっていることになります。

 つまり、摂取エネルギー成分をかなり減らしても、栄養学的には問題ということです。このことを、ダイエットで痩せて減量する必要のある肥満の方に話し理解してもらうことは、減量を始めるに際して、減量で体力がなくなるという不安を除くのにも有用です。

ダイエットで食事療法を持続するエ夫

 ダイエット減量痩せることが必要な肥満症患者の食事療法を実施するのは患者であり、医療者は間接的支援に回らざるをえません。苦手な食を制限することに自主的に立ち向かう肥満症患者の心理を理解しサポートするには、行動療法の心得をもつことが大切となります。

 ダイエットで減量を続けるためには、絶えず動機づけを行うことが必要です。食事療法は決して楽なことではありません。それまで好きなように食べていた人が、それをやめることは、強い意志と努力を必要としますが、まず動機づけから開始します。食を減らすことによってどのくらいのメリットがあるかを、説明する必要があります。それには代謝的改善、自覚症、痛みの緩和、減量による医療費削減など、あらゆる方向・角度から説明することが大切です。

 減量で痩せることのメリットについては,実際に以下の結果が得られることを、1つの例として示します。@肥満糖尿病では、入院して2〜4kg体重を減らすと、スルホニル尿素系薬剤(SU剤)はもとより、インスリンすら不必要となる例がみられます。A高血圧のある場合、体重が1kg減ると収縮期約20〜30mmHg下がります。B中性脂肪は、体重が1kg減ると50〜100mg/dl低下します。C膝関節症は、体重を4kg以上減らすと軽減しだします。D睡眠時無呼吸症候群では、やはり4kg以上減らすと、昼間眠く能率の上がらなかった人が能率よく働けるようになる。こういったダイエットのメリットについて理解してもらうことが必要です。そして、実際に減量ができた時には、惜しまず賛辞を贈ることが大切です。

 ダイエット中は、朝夕の体重変化をグラフにつけて変動記録を書いてもらう必要があります。日々の低エネルギー食療法の効果を視覚で理解することが重要です。過食の影響も目で理解できます。また検査項目についても、自覚症状に表れない変動をグラフで示すことは、努力の結果を納得できるものとするために有用です。

 肥満の方は、比較的適応性が悪く、人の言ったことを聞き入れることは苦手です。好き嫌いも比較的強く、ストレスに弱いのです。すなわち、肥満者の性格として、減量治療にのりにくい特性があります。ロールシャッハテストで分析したところ、ハイラムダ型(物事を簡単にしかみず、第三者的で、主体的にかかわろうとせず、成り行き任せ)が多い特徴がみられます。それを踏まえたうえで、肥満者を長い目でみて、大きく包み、小さな目標を立て、できるだけ達成感を味わう機会を多くし、自信をもってもらうように精神的サポートを続ける必要があります。

ダイエットにおける食事の仕方の注意

 ダイエット減量するためには、次のようなことにも注意しなければいけません。肥満者では一般に「早食い」、「まとめ食い」、「偏食」、「ながら食い」が顕著にみられます。また、食べていることの自覚がない場合も多く見られます。これらに対しても指導する必要があります。

 食事をよく味わうこと:噛むことは脳に食べたという満足の信号を与えます。したがって、一口ごとに20回噛む習慣をつけることが大切です。

 規則正しく食事時間を決めること:特に寝る前のまとめ食いは肥満の原因です。活動開始にして食べることが大切です。特に朝食は多めに摂り、夕食は減らすようにします。寝る前の食事は禁止します。

 まとめ買いの禁止:肥満者では、買い物時に一度に多くの食品をたくさん買っている風景をみます。冷蔵庫がいつもいっぱい詰まっているような状況は,見直さなければなりません。

 ダイエットで減量し痩せるためには、肥満者にみられるこのような特殊な食事の仕方を変えさせることも非常に重要なことです。

ダイエットにおけるVLCD療法

 ダイエット減量するためのVLCD療法(超低エネルギー食療法:very low calory diet)では,必須アミノ酸を含む蛋白質を50〜60g/日,各種ビタミンとミネラルを必要十分量含有し,糖質と脂質は極力少なくしたフォーミュラー食を用います.フォーミュラー食には,オプチファースト,オペキュア,マイクロダイエットなとが商品化されています.1袋160〜180kcalです。

 総エネルギ480〜540kcal/日で,蛋白質は乳蛋白と卵白蛋白を含有し,鉄,亜鉛,カルシウム,カリウム,ナトリウム,次いで水溶性ビタミン,脂溶性ビタミンを含みます.粉末となったものを水に溶かし, 1日3回服用する,水分は2〜3リットル摂り,尿量を1日1,000ml以上確保するようにします.

 安全性に関しては,確実に摂取できれば肝機能や腎機能などに影響はありません.ただし,尿酸値の上昇がみられます.これは飢餓時に脂肪が動員され,脂肪がβ酸化してケトン体ができると,腎臓でケトン体と尿酸が競合し,尿酸排壮が抑制されるためと考えられています.

 ダイエット痩せるためのVLCD療法(超低エネルギー食療法:very low calory diet)完全法では体重減少が顕著で,1日約250〜300g,1か月5〜10kgまでの減量が得られます.空腹感は個人差がありますが,ケトン体が出てくると抑制され,継続が可能となります.虚血性心疾患などがない症例,また精神的健康度の高い重症肥満で用いられます.

 ダイエットにおけるVLCD療法(超低エネルギー食療法:very low calory diet)の完全法は食べるという楽しみがないため,効果があるとはいえ,なかなか継続実行しにくい.それに対して,不完全法として1日1袋を1〜2回摂り,後は一般食を1食400〜500kcalを1〜2回摂る方法があります.これだと実施が容易ですが,効果はやや鈍り,1か月当たり2〜3kgの体重減となります.完全法,不完全法のいずれもダイエットが必要な肥満症患者とのコミュニケーションが大切で,肥満症患者が納得してから開始する必要があります.

 ダイエットの低エネルギー食療法に用いる一般食での蛋白質保持調整食(protein sparing modified fasting)選択時の注意点を紹介しまする.一般食での蛋白質保持調整食とは、蛋白質25g,各種ビタミン(脂溶性,水溶性)とミネラルを必要量含んだもので1食400kcalです.原則,1日これを3食摂れば,栄養学的には問題のない基本的なものです.カロリーを上げる場合には,これを基礎に糖質と脂質を増やします。

ダイエットの蛋白質成分・ミネラル・ビタミンの摂り方

 ダイエットでも、基本的には、蛋白質は必須アミノ酸を含む動物性蛋白質(肉、魚、乳蛋白、卵白蛋白など)を十分(標準体重×1=約60〜70g)摂らなければなりません。かつて絶食療法が行われ、筋肉の萎縮や心筋障害起こし突然死もあったことからも、減量時には蛋白質を十分摂取することの重要性が経験的にも実証されています。

 減量時の蛋白質補給には、必須アミノ酸が全種補えない大豆蛋白(豆乳、豆腐)などは避けるべきです。ちなみに、VLCD療法(超低エネルギー食療法:very low calory diet)に用いるフォーミュラー食では、乳蛋白と卵白蛋白が基本として用いられています。

 ダイエットで痩せるために減量中でも、ミネラル、ビタミンは十分に摂取する必要があります。骨軟化を抑制し、代謝を維持するためなどに必要な成分だからです。ミネラルとしては、カルシウム、鉄、銅、マンガン、マグネシウムなどが微量ながら大切でこれらを含む野菜、特に葉物、色野菜が選ばれます。通常は1日100g摂る(大盛サラダ皿2杯)ことを奨め、糖質(ご飯類、パン類)は極力減らします。

 肥満者は一般に便秘傾向があり、これに減量食を摂ると便通は一層滞り、減量食中断の要因ともなりかねません。また、体重の減らない原因ともなります。したがって、減量食では残渣の多いもの(ごぼう、にんじん、たけのこ)、かさの大きいもの(こんにゃく、きのこ)、有機酸含有食品線維成分(すっぱい果物、ヨーグルト)などを取り入れるようにしましょう。

食事療法の総エネルギーの設定

 ダイエットで痩せるための減量に必要な食事療法の基本は、消費エネルギーよりも摂取総エネルギーを減らすことにあります。そして脂肪動員を促進し、蓄積脂肪の減量を図ることです。通常、基本代謝は1kg当たり1日24kcalとし、それに標準体重を掛け、次いで運動エネルギーを300kcal(軽度)または500kcal(中等度)加え維持エネルギーを求めます。たとえば標準体重60kgの場合、60×24+300=1,740kcalが維持エネルギーとなります。これよりも少なくなれば低エネルギー食となります。無論、年齢によって基礎代謝は低下してくるので、その分は差し引く必要があります。

 ダイエットで低エネルギー食を行っても健康を損なわない理由は、蓄積脂肪のもつ潜在エネルギーを計算してみると理解でききます。ちなみに、15sの脂肪は何日生きられるエネルギーに相当するかを計算してみると1gの脂肪組織は7kcal(脂肪は1g=9kcalですが、組織の場合に水分も多少あるので7kcalとして計算)なので、たとえば300gの脂肪は2,100kcalのエネルギーを蓄えており、この2,100kcalは大人1日の消費エネルギーを十分補うことができます。したがって、15sの過剰体重は15,000g/300g=50日分のエネルギーをもっていることになります。

 ダイエットで痩せるための減量を目的に摂取エネルギー成分をかなり減らしても、栄養学的には問題ということです。このことを、ダイエットで痩せて減量する必要のある肥満の方に話し理解してもらうことは、減量を始めるに際して、減量で体力がなくなるという不安を除くのにも有用です。

肥満症の食事療法の基本

 肥満症を治療し痩せるために最も有効なのは食事療法です。食事療法は、代謝異常の改善に対しても有効性が高いです。この食事療法の基本原理は、摂取総エネルギーを消費エネルギーよりも減らし、蛋白質、ビタミン、ミネラルは必要十分量を摂ることです。

 肥満治療食はエネルギー別に、1,000〜3,000kcal(20〜25kcal/kg)の低エネルギー食、さらに1,600〜1,800kcal(25〜30kcal/kg)の維持食に分けられます。また総エネルギー600kcal/日前後の超低エネルギー食(very low calory diet)とも呼ばれ、蛋白質保持調整食(フォーミュラー食:蛋白質、ビタミン、ミネラルを必要量含有し、糖質と脂肪を極力減らす:1パック120〜180kcal)を用いる。完全法は1日3回これのみを摂取するが、1〜2食用いる不完全法もある。

 肥満症を治療し痩せるためには、VLCD療法(超低エネルギー食療法:very low calory diet)が有効です。VLCD療法の応用した一般食のメニューも有用です。しかし、肥満食事治療の問題点は、一旦減量できても維持が難しく、リバウンドを起こしやすいことです。でき上がっている食習慣を変えることは、実は全生活習慣の変更までも必要とします。
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。