トラディショナルな運動処方

ダイエットで減量しようとしている方には、是非読んでいただきたい「トラディショナルな運動処方」という記事を、「viralarticle」に、投稿してあります。参考になる方も多いと思いますので、紹介させていただきます。


---------------------------------------------------------------


トラディショナルな運動処方
著者: 青銀杏


ダイエットで痩せるためのトラディショナルな運動処方は、
1回20〜60分程度の持続した有酸素運動
(ウォーキング、自転車こぎ、水中歩行など)
を週3〜5回行うというものです。


この運動処方は、
元来、1970年代に健常人を対象に体力(心肺持久力)の
向上を目標に設定されたもので、
その後慢性疾患の治療や予防に「拡大解釈」されて用いられ、
結果として有効性が確立してきたという経緯をもちます。



ダイエットで痩せるための運動強度は
中等度〜強い強度が良いとされていますが、
肥満者を含む慢性疾患の運動療法では、
当初は中等度、すなわち、運動強度の指標である
心拍予備能が50%のレベルで行います。



具体的には、最大心拍数の予測値(=220−年齢)を用い、
(最大心拍数一安静時心拍数)×0.5+安静時心拍数
となる心拍数で運動します。


補助的指標として、
自分自身の自覚運動強度も参考になります。


50%の運動強度での自覚症状は「ややつらい」という程度で、
軽く息がはずみながらも運動中会話が可能な強度です。



これまでの運動療法のエビデンスの多くは、
このトラディショナルな運動処方によるもので、
肥満者がダイエットで痩せるために対する減量効果は2kg程度です。


これは、この運動処方が
心肺持久力の向上を目標に設定されており、
エネルギー消費量が多くないためであるとされています。



******************************************
痩せるダイエット法

original article
トラディショナルな運動処方
******************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


---------------------------------------------------------------


トラディショナルな運動処方だけで痩せるのは難しいということですね。
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。