ダイエットが必要な肥満と遺伝子

ダイエットで減量しようとしている方には興味があると思われる「ダイエットが必要な肥満と遺伝子」という記事を、「viralarticle」に、投稿してあります。参考になると思いますので、紹介させていただきます。


------------------------------------------------------------------


ダイエットが必要な肥満と遺伝子
著者: 青銀杏


ダイエットで痩せることの必要な
肥満の原因として最近話題になっているのは遺伝です。

分子生物学が発達して、
遺伝子を同定できるようになり、
ダイエットで痩せることの必要な
肥満に関係する遺伝子が多くみつかっています。


特に肥満と関係がある遺伝子として、

摂食と消費エネルギーに関係する
レプチンを作るob遺伝子、

消費エネルギーに関係する
β3受容体遺伝子、

脂肪細胞分化に関係する
リボソーム増殖活性化受容体遺伝子、

インスリン抵抗性、抗動脈硬化作用に関係する
アディポネクチンを作る遺伝子

などがあります。いずれも脂肪細胞に発現します。



人間において
ob遺伝子異常が原因の肥満は非常に少ないですが、
ob遺伝子は一番最初に
肥満の原因遺伝子として同定された遺伝子です。

1960年代、抗体結合実験により、
血中に摂食を抑制する物質の存在が指摘されていましたが、
1994年 Friedmanのグループによって、

これがob遺伝子によって作られたob蛋白
(ギリシャ語のやせるという
 leptoという言葉からレプチンと名づけられました)
だということが明らかにされました。



**********************************************
痩せるダイエット法

original article
ダイエットが必要な肥満と遺伝子
**********************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


------------------------------------------------------------------


ダイエットで痩せる必要がある肥満に関係する遺伝子は、たくさんあるのということです。
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。