ダイエットで痩せる必要がある肥満症の診断基準

ダイエットで減量しようとしている方には興味があると思われる「ダイエットで痩せる必要がある肥満症の診断基準」という記事を、「viralarticle」に、投稿してあります。減量の参考になると思いますので、紹介させていただきます。


------------------------------------------------------------------


ダイエットで痩せる必要がある肥満症の診断基準
著者: 青銀杏


ダイエットで痩せる必要がある肥満の
生活習慣病へのリスクファクターとしては、
肥満の程度だけではなくて
体脂肪の分布があります。

最初に指摘されたのは、

主として腰から下に脂肪の貯まる
下半身肥満、女性型肥満、あるいは洋ナシ型肥満、

それに対してお腹から上に脂肪の貯まる
上半身肥満、男性型肥満、腹部肥満
あるいはリンゴ型肥満に分ける分類です。

そして、
上半身肥満が生活習慣病になりやすいことが指摘されています。


この判定は
今まではウエストとヒップの比をとって

waist/hip比で
0.7を基準とし、
0.8以上を
上半身肥満と判定していましたが、


最近の研究では
ウエストの周囲(全周)径による判定が
より生活習慣病との相関が強いことがわかり、

わが国において

男性は85cm以上、
女性は90cm以上を

上半身肥満と判定し、
ダイエットで痩せる必要がある肥満とすることになりました。



この上半身肥満と下半身肥満の区別では、
わが国では必ずしも
生活習慣病との関係がはっきりしない面がありましたが、


臍の高さでの腹部CT検査により、
上半身肥満を

腹壁の下に脂肪の多い皮下脂肪型肥満と
腹腔内の内臓の周囲に脂肪の多い
内臓脂肪型肥満に分ける分類を提唱され、


内臓脂肪型肥満が
生活習慣病と深い関係があることを指摘されました。


この判定も最近では
内臓脂肪の面積と皮下脂肪の面積の比、
V/S比を求めて0.4を判定基準としていましたが、
これも内臓脂肪面積全体面積による判定のほうがよいということになり、


日本では100cm2を超えると
ダイエットで痩せる必要がある
内臓脂肪型肥満と判定することになりました。



**********************************************
痩せるダイエット法

original article
ダイエットで痩せる必要がある肥満症の診断基準
**********************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


------------------------------------------------------------------


内臓脂肪型肥満は、特にダイエットで痩せる必要があるということです。
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。