ダイエットで痩せる秘訣

ダイエットで減量しようとしている方には見逃せない「ダイエットで痩せる秘訣」という記事を、「viralarticle」で、みつけました。減量の参考になると思いますので、紹介させていただきます。


------------------------------------------------------------------


ダイエットで痩せる秘訣
著 者: 青銀杏


ダイエットで痩せるのに、
標準体重まで減量する必要はありません。

今ある肥満体重を3ヶ月間の
食事・運動療法で、5〜10%減少させるだけで、
肥満に合併した糖尿病や高血圧はほとんど改善し、
健康な肥満にできます、

その後、カロリーを増やして体重の維持を図ります、
3ヶ月間が減量食を継続できる限界であり、

月平均2〜3sの減量で
3ヶ月間で5〜10%の減量が達成できます、
「とにかく3ヶ月間だけ頑張る」と期間を区切るだけで、
脱落者はぐつと少なくなります。



ダイエットで痩せるための肥満症患者の減量食は
女性なら日本人女性の基礎代謝量に相当する
1,200kcalまで下げないと痩せにくいです。

同様に男性なら1,500kcalに下げます。

減量期間中は、
砂糖菓子
(饅頭、ケーキ、チョコレート、アイスクリーム、
ぜんざい、羊菜、缶コーヒ一等)は止め、
おやつは握りこぶし大の果物を2個に制限します。

調理の甘味も
カロリーゼロのアスパルテーム等に徹底します。

油類も極力減らします。

毎食前には
キャベツなどの生野菜をどんぶり茶碗に山盛り、
10分間かけて噛み、脳で満腹感を感じます。

大量の生野菜の摂取は、
便通改善と減量後の肌のしわ予防にも効果的です。

おかずは、
一日当たり蛋白質70g
(牛乳200ml一本+卵1個+魚80g+肉80g+豆腐半丁)と
青野菜大量、

主食は3分の2杯分のごはん(120g)を1日3回、食べます。



ダイエットで痩せるための運動は、
毎食後15分より毎回20〜30分散歩します。

足踏みでもやらないよりはましです。



倹約遺伝子を持つ肥満者では
この食事指導では痩せにくいです。

β3アドレナリン受容体遺伝子多型を持つ肥満者では
1日当たり基礎代謝量が200kcal減弱しているので、
1,000kcalの減量食の指示が必要なのです。

同様に、
UCP1遺伝子多型を持てば全身代謝が100kcal/日低下しており、
これにβ3アドレナリン受容体遺伝子多型を併せ持てば
300kcalエネルギー消費量が低下するため、
900kcalの減量食を行う必要があります。



ところが、日本人の16%に存在する
β2アドレナリン受容体遺伝子多型(Arg16Gly)を持つと、
全身代謝量は純粋型に比べ100〜300kcal亢進しています、
そのため、β3アドレナリン受容体遺伝子多型を持っていても、
このβ2アドレナリン受容体遺伝子多型を併せ持つと
お互いの効果が相殺され、
これら遺伝子多型をまったく持たない場合と同様に痩せられます。



このように、最新の遺伝子診断を用いれば、
個人の体質に合わせた、
守ればダイエットで必ず痩せられる食事療法が可能な時代に入っています。



**********************************************
痩せるダイエット法

original article
ダイエットで痩せる秘訣
**********************************************
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。