ダイエットで痩せる事の必要な遺伝子異常

ダイエットで減量しようとしている方に参考になると思われる「ダイエットで痩せる事の必要な遺伝子異常」という興味のある記事を、「viralarticle」で、みつけました。減量の参考になると思いますので、紹介させていただきます。


------------------------------------------------------------------


ダイエットで痩せる事の必要な遺伝子異常
著 者: 青銀杏


ダイエットで痩せることの必要な
人間の肥満においても
熱産生力の低下している者が
存在することが指摘されていました。

褐色脂肪細胞の中で熱産生を行う場がわかり、
β3受容体と名づけられました。

その上、
β3受容体は褐色脂肪細胞のみでなく、
白色脂肪細胞、肝細胞、肺細胞、骨格筋などに
広く存在することがわかりました。


さらに、
β3受容体で熱産生に働く蛋白質も見出されました。

この蛋白は
脱共役蛋白(uncoupling protein;UCP)と名づけられ、

構造の差により、
褐色脂肪細胞に分布しているものはUCP1、
白色脂肪細胞、肝細胞、肺細胞、骨格筋細胞など
全身に広く分布しているものはUCP2、
骨格筋のみに分布しているものはUCP3と名づけられました。

最近、脳内に分布するUCP4、UCP5が発見されました。


先天的(遺伝子異常によるβ3受容体の構造異常など)
および後天的に熱産生が年単位という長期に障害されていると、
人間においてもダイエットで痩せることの必要な肥満の原因になりえますが、

β3受容体遺伝子のアミノ酸配列が乱れ、
64番目のトリプトファンがアルギニンに
入れ替わった遺伝子異常が知られています。

このように1ヵ所のアミノ酸の配列異常を
単一遺伝子多型SNPsといいます。

このため熱産生能が低下し、
肥満になりやすいと考えられています。

実際、この異常遺伝子を持つ人間には
ダイエットで痩せることの必要な肥満者が多いことが認められています。


この異常遺伝子の出現は
日本人ではイヌイット、ピマインディアンに次いで多く、
約5人に1人くらいにあると報告されています。

この遺伝子異常がわが国の
ダイエットで痩せることの必要な
肥満の増加に寄与している可能性もあります。

UCPの遺伝子異常の探索も進んでいますが、
UCP1以外は大きな動物における熱産生能がはっきりしないために、
臨床肥満との関係でまだはっきりした役割はわかっていません。



**********************************************
痩せるダイエット法
original article

ダイエットで痩せる事の必要な遺伝子異常
**********************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


------------------------------------------------------------------


遺伝子の異常が肥満に関わっているというのは、知りませんでした。

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。