ダイエットの効果に関する疫学的研究

 痩せるためのダイエットによる、適度な食事制限と身体トレーニングは、個体のインスリン感受性を改善させ、インスリン抵抗性に関連するすべての疾患(マルチプルリスクファクター症候群/生活習慣病)の予防・治療に有用であることが、多くの疫学的研究によって証明されています。

 近年における文明化された日常生活での身体運動量の減少は、グルメ志向による欧風化された食事(高脂肪食)と相まって、肥満症を代表例とする生活習慣病を増加させています。すなわち、痩せるためのダイエットを行わないで、運動不足になると、筋におけるインスリン抵抗性を招き、糖代謝異常を来します。インスリン抵抗性は代償性高インスリン血症をもたらし、肥満のほか、2型糖尿病、高血圧、高脂血症、動脈硬化症を引き起こし、「シンドローム]」「マルチプルリスクファクター症候群」「死の四重奏」「インスリン抵抗性症候群」「内臓脂肪症候群」「代謝症候群」などと呼称される病態の発症・進展に重要な役割を果たしています。

 肥満学生に対し追跡調査を行った研究成績では、肥満改善群では肥満非改善群に比べて、日常の身体活動レベルが中等度強度を示す生活活動強度U(第5次改定「日本人の栄養所要量」)である比率が有意に大でした。食事療法と週3回の運動実施によるダイエットは、軽度肥満者のインスリン抵抗性を改善させました(Oslo食事・運動研究、ノルウェー)。

 肥満者を含むIGT患者(522人)を、ダイエットによる食事・運動などの生活習慣介入群と対照群に分け経過観察を行ったところ、介入群の発症率は対照群に比べ低下しました。また、食事療法の励行、運動実施、体重減少など、指導効果をスコア化したところ、両群いずれも達成率の高い者ほど発症率が有意に低下しました(フィンランド糖尿病予防研究、フィンランド)。

 BMI (body mass index)平均が34.0の3,234人を、ダイエットによる生活習慣改善群(L群:低エネルギー、低脂肪食と毎週150分の中等度強度運動実施による7%体重減少)、薬物療法群(M群:メトホルミン850mg×2/日投与)、および対照群(C群:プラセボ投与)に分け、平均2.8年経過観察を行いました。その結果、L群ではIGTからの糖尿病発症率がC群に比べて58%低下し、M群では31%低下しました(糖尿病予防研究、米国)。
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。