ダイエットで痩せるための行動療法

 ダイエット痩せるために、肥満は、古くから行動療法の対象となり、その有用性がいち早く確立されたテーマです。行動療法は1950年代に行動科学の臨床応用として始まった心理療法です。肥満では、過食の行動抑制として1960年代に治療法が開発され、Stuart RBが行動療法として8人の女性で平均17kgの減量を達成したことを契機に注目されるようになりました。

 今でこそ、肥満は「生物的、行動的、文化社会的複合要因による慢性エネルギー代謝異常」とされていますが、当時は単純に「過食」の結果とされていました。過食になる理由として、肥満者には「生理的な空腹以外の食べ物の好みや臭いや時刻など外的な刺激に反応しやすい」という外的要因説と、「一口の量が多く、咀嚼回数が少ないために早食いとなる」という特有の食行動様式の2つが想定されました。

 その後の研究で否定的な結論に至ったものの、この2つの仮説に基づいた刺激統制法、セルフモニタリング、オペラント強化法、反応妨害法などが、現在用いられる肥満の行動技法の原型となりダイエットで痩せるために使われています。

 米国国立衛生研究所(NIH)は、1998年の肥満の治療ガイドラインで36の無作為比較試験を総括し、ダイエットで痩せるために@行動療法は食事療法や運動療法の習慣化に有効で、A併用すると治療効果と終了後1年までの維持が促進される、Bしかしその効果は放置すると3〜5年は続かない、と結論しました。

 行動療法が、ダイエットで痩せるために意味があるかどうか、食事療法や薬物療法との比較研究、効果の長期維持やその改善の検討、治療効果の予測因子の検討などが精力的に行われ、その経過で自発的な減食や急激な減量の悪影響や、減量体重のリバウンドの実体なども明らかとなりました。

 ダイエットで痩せるために行動療法を行うと、現在の欧米での平均的治療成績は4か月で約9s、運動療法や家族療法との併用によって11s程度までの減量が可能とされています。
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。