ダイエットと対立する倹約遺伝子

 痩せるためのダイエットと対立する倹約遺伝子があります。1960年代,遺伝学者のジェームズ・ニールは「倹約遺伝子」の仮説を発表し,カロリーの摂取と利用の効率を飛躍的に高める遺伝子を受け継いでいる人がいると示唆した.人は食べ物を効率よく脂肪に変え,体内に蓄えておく能力を進化させた.このため,人類の祖先はカロリーがほとんど摂取できない飢餓などの時代を生き延びられたのではないかと,ニールは推測しました.

 現在は,カロリー不足の心配がありません.だが,私たちの体は変わらず,二度とない飢餓にそなえて,せっせと脂肪を蓄積しているのです.いずれ,新生児の段階でその人の遺伝的特質をはっきり識別できるかもしれません.

 ダイエットに反して、食品サイズは1970年代から急激に大型化しています.大きなフライドポテトや炭酸飲料のなかには製品発売当初の2倍から5倍になっている例も少なくありません.ジャンボサイズの食品は財布に優しいかもしれないが,腰周りには大敵です
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。