ダイエットにおける食事の仕方の注意

 ダイエット減量するためには、次のようなことにも注意しなければいけません。肥満者では一般に「早食い」、「まとめ食い」、「偏食」、「ながら食い」が顕著にみられます。また、食べていることの自覚がない場合も多く見られます。これらに対しても指導する必要があります。

 食事をよく味わうこと:噛むことは脳に食べたという満足の信号を与えます。したがって、一口ごとに20回噛む習慣をつけることが大切です。

 規則正しく食事時間を決めること:特に寝る前のまとめ食いは肥満の原因です。活動開始にして食べることが大切です。特に朝食は多めに摂り、夕食は減らすようにします。寝る前の食事は禁止します。

 まとめ買いの禁止:肥満者では、買い物時に一度に多くの食品をたくさん買っている風景をみます。冷蔵庫がいつもいっぱい詰まっているような状況は,見直さなければなりません。

 ダイエットで減量し痩せるためには、肥満者にみられるこのような特殊な食事の仕方を変えさせることも非常に重要なことです。
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。