肥満症の食事療法の基本

 肥満症を治療し痩せるために最も有効なのは食事療法です。食事療法は、代謝異常の改善に対しても有効性が高いです。この食事療法の基本原理は、摂取総エネルギーを消費エネルギーよりも減らし、蛋白質、ビタミン、ミネラルは必要十分量を摂ることです。

 肥満治療食はエネルギー別に、1,000〜3,000kcal(20〜25kcal/kg)の低エネルギー食、さらに1,600〜1,800kcal(25〜30kcal/kg)の維持食に分けられます。また総エネルギー600kcal/日前後の超低エネルギー食(very low calory diet)とも呼ばれ、蛋白質保持調整食(フォーミュラー食:蛋白質、ビタミン、ミネラルを必要量含有し、糖質と脂肪を極力減らす:1パック120〜180kcal)を用いる。完全法は1日3回これのみを摂取するが、1〜2食用いる不完全法もある。

 肥満症を治療し痩せるためには、VLCD療法(超低エネルギー食療法:very low calory diet)が有効です。VLCD療法の応用した一般食のメニューも有用です。しかし、肥満食事治療の問題点は、一旦減量できても維持が難しく、リバウンドを起こしやすいことです。でき上がっている食習慣を変えることは、実は全生活習慣の変更までも必要とします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

肥満症の食事療法の基本
Excerpt: 肥満症の食事療法の基本 著 者: 青銀杏 肥満症を治療し痩せるために最も有効なのは食事療法です。 食事療法は、代謝異常の改善に対しても有効性が高い方法です。
Weblog: ☆荒稼ぎ案内人☆ リセールライト営業日記
Tracked: 2007-01-30 23:43

肥満症の食事療法の基本
Excerpt: 肥満症の食事療法の基本 著 者: 青銀杏 肥満症を治療し痩せるために最も有効なのは食事療法です。 食事療法は、代謝異常の改善に対しても有効性が高い方法です。 この食事療法の基本原理は..
Weblog: 簡単なダイエット探偵ファイル
Tracked: 2007-07-03 21:53
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。